指標発表時のリスクヘッジで平均利益を上げる

米国・雇用統計やFOMC、各国GDP、政策金利の発表時などは大きく値が動くことが多いです。値動きが大きい時はバイナリーオプションよりもFXで取引した方が利幅が取れて有利なのですが、仮に反対方向へ動いてしまった時の事を考えて、バイナリーオプションでリスクヘッジをしておくという対策を取ることも有効な戦略となります。

例えば、米国雇用統計・非農業部門雇用者数が市場予想通りネガティブな反応を示すだろうと予想し、米ドル円が90円の時に米ドルショートを1万通貨単位で発注していた場合を考えてみましょう。相場が予想通りに下落すれば、大きな利益を見込めますが、予想に反した時のことも想定して、バイナリーオプションで、ドル円レートが90円以上となる「HIGH」に5000円程度賭けたり、ドル円が90.20を越えた時に払戻金が受け取れるチケットを購入しておきます。

予想通りネガティブな数値が発表され相場が急落し、ドル円が88.50円担ったとすれば、FXの利益は1万5000円で、バイナリーオプションの購入価格を引けば、1万円くらいの利益が出ます。

予想に反してポジティブな数値が発表され、ドル円相場が91円へ上昇した場合、バイナリーオプションの利益が約1万円になるので、FXの損失である1万円を相殺できるのです。

ヘッジを上手く活用すれば、損失リスクを小さくしながら、積極的に利益を狙っていける効率的な戦略をとっていけるようになります。予想外の相場動向への“保険”の役割を期待できるので、長期的に見れば平均利益が格段に向上するでしょう。